上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画で話題になっていたので、読んでおこうかな、と思い購入しました。
つまらなければ下巻は買わなくていいかな、と。

たんたんと物語が進んでいく印象。
僕には難しすぎるのかもしれません。
ですが、なんとなく、わかるような部分もあります。

正直なところ、よくわかりません。
しかし、また読み返したいと思わせられました。

とりあえず、下巻を読み始めます。
「豊かさとは何か」という本を読みました。

親は、子どもを自立させるために、そして自立した子どもが、どれだけ大きな自由を、社会と自分自身にもたらす人間になれるかーそれを目的として育てているのです。
筆者がドイツで聞いた話だそうです。

今の自分は、社会に対して何ができるのでしょう…。
もしくは、将来の社会のために、何をすればいいのでしょうか…。

とりあえず、試験に備えて勉強します。

勉強に疲れたときにでも、ちょこちょこ考えてみたいと思います。

「今日の一言と感想」

『知識とは、その子の考えを育て、人格を変えていくものであり、その子の意見を育てていない知識は、知ではない』

暉崚淑子 豊かさとは何か

 知識を吸収し成長していきたいと思います。

 最近、読んだ本の紹介です。

 話すチカラをつくる本
 山田ズーニーさん著 三笠書房 476円+税


 先日、2年生の指導を担当している先生から、「2年生のやる気を出させるために、特活の時間に何か話をしてほしい。」と頼まれました。

 …。何故に俺?

 話をするのは夏休み明けなのですが…。何を話せばいいのでしょう…。「人生観を語ってくれればいいから!」と言われたのですが…。
 自分の考え方などを話すのは別にいいのですが、それで2年生がやる気を出すでしょうか…。

 2年生の目線で、やる気が出るような話をしなければなりません。
 普通の高校生だったら丁度、中だるみの時期。入学したての1年間から悪い意味で慣れ、新鮮さを失っています。高専の場合、就職、進学まで残り3年。「まだ余裕だな。」と思ってしまうのもわかります。

 悩んでいても仕方がないので、話し方などの本をいくつか読んでみよう、ということで選んだ1冊目がこの「話すチカラをつくる本」です。


 この本の要点をざっくりとまとめると「相手との信頼関係をつくること」です。

・ 信頼がなければ、相手は話を聞いてくれない。
・ 信頼を得るためには相手を理解しなければならない。

 もちろん他にも大事な点はいくつも書いてあるのですが、書きすぎてしまうとこれから読む人の楽しみを奪ってしまうかもしれないので、やめておきます。

 相手(2年生)の今の気持ちを理解するにはどうすればいいのだろう…。
 悩みは尽きません。


新コーナー「今日の一言と感想」(日々、思ったことをちょこっと書いていくつもりです。

『やらずに後悔するよりやって後悔するほうがいいという言葉があるが
 私に言わせればやりたいことをやって後悔するのなら
 そんなものやらないほうがよいに決まっておる』

めだかボックス第150話

 確かに…とも思うけど、僕には やりたいことをやって後悔するかどうかなんてわからない。
 だから結局やることになる。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。