上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Yahoo!みんなの政治 - 政治記事・ニュース - 政治記事読みくらべ - VOICE -
「電力不足を救え!」火力発電奮闘記/夏目幸明(ジャーナリスト)


今現在、動いている原子力発電所の数は2機だそうです。
そのうち柏崎刈羽原発は3月26日から点検に入ります。
最後の1機、泊原発は4月中から点検により停止の見込みです。

事実上、日本の原子力発電所は全て止まるわけです。

「なに!じゃあ原発いらないじゃん!」
 …とはならないんですよね。

そして記事によると、今、普通に電気が使えるのは、火力発電所の復旧による力。
つまり、復旧に携わった職員、部品メーカー、作業員、達の努力によるものです。


春の電力使用量は約120ギガワット。
夏の電力使用量は約200ギガワット。
2004年のデータなので実際はもっと増えていると思われます。
1年間の電気の使われ方の推移|電気事業連合会【でんきの情報広場】より

ピーク(夏)まではしばらくありますが、今のままでは乗り切れないでしょうね…。
明々後日、一次面接があります。

私の希望する会社は、太陽光発電を中心に小水力発電などの環境発電を軸とした会社です。


そこの社長さんが「『地球村』に生きる!」という本を勧めていらしたので、
アマゾンで安値(中古1円)で売っていたものを、早速購入しました。

内容は少し古いのですが、環境問題について書かれています。
データが古いのは欠点ですが、言い当てていることなどもあり、実に感心させられます。


しかしその中で
二酸化炭素を減らすために私たちにできること
 自動車の利用を減らすこと(最も効果が大きい)」
と書かれていました。

…私のバイクは古いため燃費が悪いです。つまりより多くのCO2を排出します。
それだけに止まらず環境に悪いと名高い2stです。


環境問題に取り組む社員が、環境を省みない生活を送っていたら…矛盾しますよね…。
バイク・車を趣向品と考えている自分に、この企業を受ける資格はあるのでしょうか…。


環境に悪いと自覚しているからこそ、
それ以上に環境のために仕事をしたい…という考え方は甘いでしょうか…。
フェイスブックで逮捕された無神論者|ワールド|最新記事|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

 ある男性がSNSのフェイスブックに「神は存在しない」と書き込んだところ、警察に逮捕されたそうです。



 宗教に縛られていない自分には、この国の事情はわかりません。
ですが、自分の考え方を主張することさえも許されないものなのでしょうか。


 日本人の約65%は無神論者だそうです。
 無神論者の占める割合の大きな国のトップ10:Native Heart


 個人的な意見なのですが、日本の慣習は宗教のようなものに通じるような気がします。
多くの日本人が初詣に行き、クリスマスを楽しみます。
「いただきます」「ごちそうさま」は作ってくれた人だけでなく、その命に感謝する意味も込められています。
アニミズムに近いのかもしれませんが、物を大切にするよう努める人もいます。


 無神論・有神論 関係なく、個人個人の考え方を尊重していくことはできないのでしょうか…。

裁判員制度

2012/03/14

連続不審死:木嶋被告改め殺害否定「数多くのうそ反省」 - 毎日JP(毎日新聞)

検察は死刑を求刑し、弁護側は無罪を主張しています。


この場合、裁判員裁判なのはおかしいと思うんですよね…。

やるのならば、状況証拠であれ犯人だと断定したうえで、どういった刑にするのかを問うべきだと思うんです。


裁判員は
「被告に酌量の余地があるか」
「反省し、社会復帰は可能か」といったことなどを考えるべきです。

実際やってないのならば、刑を与えるのは不適切です。



裁判員に「やったのか、やってないのか」について意見を求めるのは、おかしいと思うんですよね…。



判決は4月13日です。

2012/03/12

…日を跨いでしまいました。


3月11日。震災から1年がたちました。

14時46分…今でも覚えています。

しかし残念ながら、忘れたことがない…とは言えません。


今日、いったい何人の人たちが黙祷を捧げたのでしょうか。

実際、被災者の方々は被災日以降も苦しんでいるわけで…
もちろん、3月11日以降に亡くなった人も多くいるわけで…。

本当に彼らを尊び慈しむのならば、毎日、毎時、毎分でも祈るべきなのでしょう。


しかし、楽しいとき、辛いとき、苦しいとき…
震災のことを考えていない時間の方が圧倒的に多い自分がいます。

折に触れて、黙祷を捧げるくらいしかできませんが、今の自分にできることをしたいな…と改めて思いました。


↓ワンクリック募金まとめ↓

ギリシャ

2012/03/09

新展開も終わり見えぬ、果てなきギリシャ債務危機 [専門家ニュース解説]All About

春期休暇中、学校で円高セミナーが開かれたため、参加してみました。
その中でギリシャの債務危機について触れていました。


簡単にまとめますと

国債発行をした結果、返せなくなり
実際に貸している銀行がギリシャを調査すると
公務員多数・年金天国・多額の申告漏れ税…といくつも問題点が浮上してきたそうです。
※ 授業の内容をそのまま書いてます。聞き漏らし・聞き間違いで違うことを書いているかも知れません。

そこで年金カット・増税・公務員の削減を求められましたが、国民はストライキ・デモを行って反対しています。
最終的には議会で承認されたそうですけど…。


そんな危機にあるギリシャですが、今 見ているテレビ番組では、そんな様子は見られません。


その番組とは
『アナザースカイ』
2012年3月9日(金)23:00~23:30(日本テレビ系)
です。

ゲストは、モデルの相沢紗世さんで、ギリシャを訪れています。

繁盛している市場、きれいな海 街、歴史を感じる神殿、ジェエリーブランド「Folli Follie」…。
この番組だけを見ていたら、ギリシャが財政危機だなんて思えません。
自分自身「行ってみたいな」と思ってしまいました。


経済面・観光面。
一つの国でも見方によって色々見えてくるなぁ…と思いました。

「一つの国でも」と書きましたが、色々な人たちが集まって一つの国ができているのですから当然といえば当然ですね。

一貫しない文章でしたが、ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

規則

2012/03/04

繰り返される乱射事件、それでも銃社会への反省ができないアメリカ

Newsweek.です。

このコラムでは銃の撤廃を訴えていますが、私はこれらは悲しいことだと思っています。


本来、目指すべきは、規則の無い社会だと思っています。

規則や罰などなくても、個人が自分を管理していける社会。
あったとしても道交法や危険物の取り扱いなど、最低限の規則。
それらも個人がしっかりと自分に扱えるか判断できるのならばいらないのですが。

…理想論ですけど。


生活を守るために規則があるのに、規則を守るために生活しているような感じがするのです。


日本で銃の使用を認めろとも思いませんし、そんなことをしたら大変なことになるのもわかっています。
しかし「そんなことをしたら大変なことになる世界」…それが問題なんですよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。