スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判員制度

2012/03/14

連続不審死:木嶋被告改め殺害否定「数多くのうそ反省」 - 毎日JP(毎日新聞)

検察は死刑を求刑し、弁護側は無罪を主張しています。


この場合、裁判員裁判なのはおかしいと思うんですよね…。

やるのならば、状況証拠であれ犯人だと断定したうえで、どういった刑にするのかを問うべきだと思うんです。


裁判員は
「被告に酌量の余地があるか」
「反省し、社会復帰は可能か」といったことなどを考えるべきです。

実際やってないのならば、刑を与えるのは不適切です。



裁判員に「やったのか、やってないのか」について意見を求めるのは、おかしいと思うんですよね…。



判決は4月13日です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。