スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無神論・有神論

2012/03/14

フェイスブックで逮捕された無神論者|ワールド|最新記事|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

 ある男性がSNSのフェイスブックに「神は存在しない」と書き込んだところ、警察に逮捕されたそうです。



 宗教に縛られていない自分には、この国の事情はわかりません。
ですが、自分の考え方を主張することさえも許されないものなのでしょうか。


 日本人の約65%は無神論者だそうです。
 無神論者の占める割合の大きな国のトップ10:Native Heart


 個人的な意見なのですが、日本の慣習は宗教のようなものに通じるような気がします。
多くの日本人が初詣に行き、クリスマスを楽しみます。
「いただきます」「ごちそうさま」は作ってくれた人だけでなく、その命に感謝する意味も込められています。
アニミズムに近いのかもしれませんが、物を大切にするよう努める人もいます。


 無神論・有神論 関係なく、個人個人の考え方を尊重していくことはできないのでしょうか…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本人の「初詣」「クリスマス」「お盆」「彼岸」って、ホントに宗教に帰依して信心深いからではなく、それぞれのネタに乗っかった商業主義に踊らされているだけのような気がします。
だいたい、「初詣はXXへ」なんてテレビでCMがあることそのものが「何だそれ」の世界じゃないでしょうか。

偶像崇拝がどうのこうのを論じるつもりはありませんが、生きるということが即ち他者の生命の犠牲の上に成り立っていることは忘れてはならないし、そこに感謝の念を常に持ち続けることは、大切だと思います。

...そう言ってる私は無神論者なのですが。

Bipolar様へ

コメントありがとうございます。

ちょっとアレなニュース アメリカ人「何で日本人って無神論者なのにマナー良いし犯罪少ないの?」
http://aresoku.blog42.fc2.com/blog-entry-1509.html

上記はこの記事を書くにあたって観閲したブログです。…古い2ちゃんねるまとめの記事ですが…。

外国の方々からすると、宗教を用いずにどうやって道徳を教えるのか疑問なのだそうです…。


私は小さいころ、ヨーロッパに住んでいたことがあるので、キリストについても教えられていました。
でも確かに日本ではキリストを意識してクリスマスを楽しんでいる人は少ないでしょうね…。

しかしそんな日本人でも多くの人は「お盆」「お彼岸」で故人を慈しむと思います。
宗教とは若干 違うかもしれませんが…。

確かに宗教に通じている行事も、宗教と意識して取り組んでいる人は少ないと思いますが、
Bipolar様の仰るように
>生きるということが即ち他社の生命の犠牲の上に成り立っていること
>感謝の念を常に持ち続けること
を生活や行事の中で教え、育む習慣があるからだと思っています。


僕は…何とも言えません。
神様はいるかもしれませんが、いても世界に関渉することはできないんじゃないかな…と。
だとしたら、いてもいなくても変わりはないかなぁ…といった感じです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。