スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君が代

2012/02/25

君が代不起立:大阪市教委、8人処分 条例施行後で初

君が代の意味、小学生か中学生の頃に習ったときは

君が代は天皇のこの世界が
千代に八千代にいつまでも
細石の小さい石が
巌となりて(集まって)岩になるまで
苔のむすまで苔が生えるまで(平和でありますように)

とかそういう歌詞だったと思います。(違ったらすみません。)

 私はどちらかというと好きです。

 だから正直、歌わない人の考えを理解することはできません。

 しかし、想像することはできます。
    最初の「君が」が嫌なのか、
        それとも強制されるのが嫌なのか、
            「国歌」が嫌なのか。

 しかし、感じ方、受け取り方、考え方は人それぞれです。

 それを条例など規則で縛ってしまうのは間違っているような気がします。なぜなら規則で縛ってまで、無理やり歌わせることに意味はないと思うからです。

 本当に優れた国歌ならば、強制されなくても歌うはずです。

 本当に正しいことだと思うならば、強制するのではなく言葉で説くべきだと思います。

 私の書いていることは甘っちょろい理想論ですが、教育者にはせめて、この考えを持っていてほしいと願っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。